マイペースな 芋ガーデン

ずぼらな私ですが、ガーデニングは大好きです😊💕
素朴な庭をあれこれ考えながら作っています🎵

椿の花 & 旬の野菜

お久しぶりです(*^^*)


うちの庭に2番めに咲く花です♪


↑「祝の盃」と申します。

花弁が紅白で、まさにおめでたい感じです。

花弁も、さまざまな模様です♪

↑こちらは、地植えです。


次は鉢植えです。↓


「一楽」と申します。

黄色い↑部分が、花腐れ病になっています。(~_~;)

毎年こんなふうです。昨年の4月のブログに茶腐れ病と書きましたが、花腐れ病の間違いなので、ここで訂正します。

ごめんなさい(~_~;)

花弁が茶色くなって来るので、勘違いしていました。

病気にならない方法を調べたら、鉢の土をきれいな土に入れ替える、または薬剤を散布するそうです。

どちらも面倒なので、竹酢液を薄めて花や蕾にスプレーしたり、土に灌水してみましたが、ダメでした。(~_~;)

花弁が、満開にならないうちに落ちてしまうんです(ノ_・。)

他にも原因として、米の磨ぎ汁を撒いたことが、いけなかったようです。

磨ぎ汁は、植物にあげると栄養があって良いと聞いていましたが、椿には良くないそうです。

夏の間は、毎日のように磨ぎ汁をあげていましたが、椿にはもう禁止です!

山に椿の木が、たくさんあると花の臭いが強烈で臭いそうです。

うちの椿は低い木なので、臭いはわかりません。

椿は、油やシャンプーにも使われるので、悪いイメージは、ありませんけどね…

昔は、私のおばあちゃん(明治生まれ)が椿油を髪に付けて、シニヨンふうに下の方でくるくると巻いて結っていたのを思い出します。

昭和の典型的な、おばあちゃんの髪型だったような気がします。

気は強いけど、孫の私には優しいおばあちゃんだったなぁ(*´-`)


話しは変わって、こちらの地方の旬の野菜を紹介します。


新潟県津南産 「雪の下にんじん」


長い間、雪の下にいたから、甘さが増して生で食べると美味しいです(*^^*)

スティック丈に切って食べたり、旬の新玉ねぎと一緒にサラダで食べるのも美味しいです♪


以前、私の実家にお土産で持って行ったら、あまり感動はされませんでしたが…

(~_~;)

新鮮な野菜を食べている田舎の人には、それほどでもないみたいです。


愚痴になってしまうので、このへんで。


追記

こちらも桜が開花して来ました♪

今日は雨でしたが、お花見に行けたら写真を載せます。

たぶん昨年と同じ場所になりますが…(^^;

キツネの手袋植えました&カレンが危ない!

日曜日は、こんなお天気でした♪↓


昼から庭いじりで、ジキタリスの苗をヒメシャラの下あたり、花壇の後ろの奥に植えました♪

ジキタリスは、別名「キツネのテブクロ」と言うそうです。

昔は、打ち身、切り傷や心臓の薬、強心剤といった薬草として使われ、毒草と言われて嫌われていたそうです。(たぶん外国のほうでは?)

犬猫が、花や葉を食べると体調が悪くなるそうです。

毒々しい色に咲く花の苗を選んだら、本当に毒があるとは、後で調べて知りました。

(~_~;)

耐寒性があるので、これはいいと思いましたが、夏の暑さには弱いそうです。

でも北陸地方では、宿根草として育てられるそうなので、庭に根付いてくれるといいなと思っています(’-’*)♪

できれば秋に植えるほうが良いらしいのですが、こちらは朝晩まだ寒いので、うまくいくのではと勝手に思っています。

今年の初夏に咲いてくれたらいいな(*´-`)

150から200センチぐらい伸びるので、存在感はありそうな花ですね♪


最近は、スマホという便利な物があるので、店でいいなと思う植物苗を見つけると、その場で調べてしまいます(^^;

素敵な植物でも、うちの庭ではダメだなと思うと、あきらめます。

そのほうが、買って後で後悔しませんからね(^^;


冬をうまく超えられなかった鉢花が、二つありました(~_~;)

一つは、ラベンダー

昨年はこんなにきれいに咲いてくれたのに、ごめんなさい(~_~;)


もう一つは、バラのカレンちゃん↓

昨年はこんなに可愛く咲いてくれました。

何がいけなかったのか、

昨年庭植えから鉢植えに植え替えたこと?

マルチングが、蕎麦殻では寒さに耐えられなかったのか?

2千円で買ったカレンちゃんを枯らせたくないと思うセコい私です(~_~;)

ちなみに、ラベンダーのほうは処分品で百円で買いました。(~_~;)


望みを託して、植え替えました♪

向かって右側のほうです。見ての通り、芽と葉がありません。でも茎を切ったら緑色の部分があるので、やってみないとわからないです。

花が咲いてくれたら、バラの季節に載せます。万が一ダメなら、報告しません。


日曜日は3時間以上、庭いじりしました(^^;


では 、(・д・)ノ

棟方志功の絵画鑑賞&強いマジョラム

新潟県南魚沼市に棟方志功の作品を展示している美術館が2ヶ所あります。

ひとつは、六日町(むいかまち)駅舎内にある棟方志功アートステーションです。

まずは、こちらに見学に行きました♪

受付で、ハガキサイズの版画絵をもらいました。

↑釈迦十大弟子 普賢菩薩の柵


美術館では撮影禁止なので、これだけしか載せられません(^^;


棟方志功は青森県出身で15人きょうだいの5か6番目に生まれた三男坊だとか…

何故ここに作品が、いっぱいあるのかというと、この土地にコレクターの人がいて寄贈したそうです。


もう1ヶ所は、道の駅・南魚沼にある今泉記念館 アートステーションです。

今泉氏という方が、建設に尽力を注いだそうです。確か村長だったとか…?


こちらは、まだ雛人形が飾られていました♪


窓から見る景色も、まだこんな感じです(*´-`)

ここは、群馬県よりでスキー場もあり、私が住んでいる所よりも雪が、たくさんです。


2ヶ所とも、棟方志功以外の画家の作品もあります。

後者のほうが、広くて展示物も多かったです。

棟方志功は、テレビでドラマ化されたり、机の上で板画に顔をめいっぱい近づけて、一心不乱に掘っている姿を見たことがあったので、少し興味がありました。

日本?青森?のゴッホと言われているそうですね。あいまいで、すいません(^^;

先に外国で人気が出てから、日本でも人気が出るようになったとか?

館内のビデオで、凧の絵を書いている姿を見ましたら、なんと早いこと(*_*)下書きはせずに、筆ですいすいと書いていました。

すごい人です。(*´-`)

作品は、主に女性の観音様のような物が多かったです。

大きな目、おちょぼ口、下膨れのふっくらした人が、作者の理想だったと思われました。


ということで話は変わって、今日の庭にあるハーブ↓


雑草ではありません。スイートマジョラムです。

昨年、初めて植えましたが、暑さ寒さに強いことが、わかりました。

冬の間は一応、枯れ草でマルチングしておきました。いいハーブです(*´-`)


それでは、このへんで(^-^)/